⑨ がん治療では、最初の治療設計が何より大事

がんは一人一人病態が違うので、本来は治療設計も、完全テーラーメイドであるべきです。がんと診断されたら、まず、信頼できる大きな病院で正確な診断を受け、標準治療での治療設計をよく聞きましょう。あなたがANK療法に関心を抱いているなら、同時にANK療法担当医にも面談し、ANK療法担当医が考える治療設計もよく聞くとよいでしょう。
早ければ早いほど、治療の選択肢は多くなります。「この治療をやってダメなら次に行く」という考え方では、選択肢がどんどん狭まるばかりです。ANK療法担当医との面談が、手術より前かあとかで、ANK療法に併用できる療法も変わってきます。担当医と面談したからといって、必ずANK療法を受けなければならないわけではないので、迷っているならすばやくANK療法担当医と面談まではすることがすすめられます。がんの治療設計は、とにかく最初が肝心です。最初の選択と行動で結果が大きく変わることを、ぜひ真剣に心にとめておいてください。