⑤ ANK細胞を戻すときにこんな症状が出ます

ANK細胞を戻す点滴を行うと、激しい悪寒が出る人がいます。また、発熱は必ず起こり、40度くらいまで上がる人も少なくありません。
とくに初回と2回目は、発熱とともに関節の痛みや吐き気など、「ひどい風邪の症状からのどの痛みと咳を除いたような症状」がよく見られます。
腫瘍部にチリチリする痛みが起こる人もいます。発熱は、体に戻したANK細胞が大量放出するインターフェロンなどの免疫刺激物質がもたらす典型的な症状です。
免疫刺激には必ず発熱を伴うものなので、つらくても、工夫して乗り切ることが大切です。解熱剤には免疫を下げる作用があるので、どうしても使う場合は、事前に医師とよく相談しておきましょう。悪寒は免疫刺激によって末梢血管が広がり、急に放熱することにより生じ、腫瘍部の痛みはANK細胞とがん細胞との戦いによる炎症のために起こります。
点滴を繰り返す内に、標準治療による合併症が和らいでいくこともよく起こります。味覚が戻った、食欲が出てきた、疼痛が和らいで夜眠れるようになった、肌のつやが戻ったなどです。